海外セレブたちが愛飲! 「ティートックス」が話題

| モテヤセ |

「ティートックス」が話題

 カイリー・ジェンナーやシェイ・ミッチェルなど、海外のセレブたちの間で「ティートックス」が人気だ。ティートックス(Tea-tox)とは、「Tea(お茶)」と「Detox(デトックス)」を合わせた造語で、お茶を飲んで老廃物を体外へ排出するダイエット法。食べる量を減らさず、お茶を取り入れるだけで痩せやすくなると話題となっている。

飲むタイミングとその時に効果の高いお茶を選ぶ

 ティートックスのポイントは、まず自分に合ったお茶を選ぶこと。デトックス以外に、脂肪の燃焼を促す効果があるお茶がよい。さらに、ティートックスを行うタイミングも重要。食事中でもよいが、脂肪燃焼効果の高い「朝食前」とデトックス効果のある「夕食後」がベストだ。ティートックスに効果的なお茶は、カフェインや排泄作用が多く含まれているものもある。一気に大量に飲まず、適量を摂るようにしたい。

■朝に効果の出やすいデトックスティー

 交感神経が活発化する朝は、脂肪燃焼効果の高いお茶をチョイス。

「ジンジャーティー」

 血行を促進し、冷えにも効くショウガは代謝のアップにも効果的。利尿作用で余分な水分を体外に排出働きがあり、むくみやすい人にもお薦め。

「マテ茶」

 「飲むサラダ」と言われ、食物繊維が豊富なマテ茶はデトックス効果抜群。ポリフェノールの一種・フラボノイドを含んでおり、抗酸化作用によるアンチエイジング効果も期待できる。

「緑茶」

 緑茶には、ポリフェノールやカテキンが豊富に含まれており、血糖値の上昇を抑えて太りにくくしてくれる。ほかにも糖尿病の予防や免疫力のアップにも効果がある。ただしカフェインも含んでいるので、飲み過ぎに注意したい。

■夕食後のデトックスティー

 夜は体外に老廃物を排出する時間帯。デトックス効果の高いお茶を選ぼう。

「タンポポ茶」

 腎機能を高めて、デトックス効果も高いタンポポ茶。血行が良くなることで母乳不足や冷え性を治し、ホルモンバランスを整えて、生理痛の改善にも効果がある。

「センナ茶」

 含まれるセンノシドという成分が強力な下剤効果を発揮し、便秘に悩んでいる人にお薦め。ただし、即効性が高く、下痢や吐き気など副作用を起こす可能性もあるので注意。特に妊婦は、腸のぜん動運動が活発になり、早産や流産の危険があるので摂取は控えたい。

「レモングラスティー」

 古くから熱病や感染症の薬草として使われてきたレモングラス。胃腸の調子を整え、脂肪の分解を促す。そのため、食後や食べ過ぎたときの胸やけなどにも効果的。

 ほかには、食欲を抑えてくれる「ゴボウ茶」や十薬と呼ばれ様々な効能がある「ドクダミ茶」、消化を促進する「ミントティー」などもお薦め。食前食後のティータイムで、ダイエットを目指してみてはいかが。

(文/hメディア)